このホームページの著作権は統国寺に属します。文章、情報、動・静止画の転載を希望なさる場合は統国寺までご一報ください。
Copyright (c) Toukokuji All rights reserved.

第三十二回「コロナの今、すいません、ありがとう、おかげさま~二〇二一年 統国寺の標語」

 今年は陽暦2021年辛丑年(かねのとのうし)です。
 仏紀2565年、壇紀4354年、日本では令和3年です。
 今年の悪い方向は西と東です(大将軍が西、三殺方が東)。

 今年は丑は牛でも、白い牛の年です。
 天干の辛(シン)は五行では陰の金であり、柔らかい金属・貴金属・宝石を意味します。
 大きな水で洗いピカピカに輝くようになれば、素晴らしく良い状態といわれております。
 そして、ここでの大きな水とは、大きな智慧を指します。

 一方で辛難・辛苦という言葉があるように、からい・きつい・つらいと言う事も暗示しています。コロナ禍による厳しい局面が続くかもしれません。
 地支の丑(チュウ)は陰の土であり、芽が種子の中に生じこれから出てくる様を表し変化を意味します。また紐(ひも)も意味し真っ直ぐな紐、曲がった紐、ねじれた紐にするかは結び方次第です。さらに、牛は我慢強い・粘り強いという事も暗示しますので、変化にいかに適切に、粘り強く対応していくかが、大切となります。

 今年辛丑年の納音(なっちん)すなわち内なる性質は、去年と全く一緒の壁上土(かべのつち)です。
 土は五行では変化を表し、壁上土はその変化が一番良く見える土です。
 今年はコロナで世界がどう変わるか、がはっきり分かる年になるでしょう。
 特に天干の辛の性質は、義すなわち正義でもあるため、善悪をはっきり分別する年、悪は悪とはっきり言える年にしましょう。
 また、辛は十干中一番弱い干なので、自分を守るため対人関係に敏感になる傾向を持ちます。こんな時にこそ、対人関係に特に気をつけ温かい言葉を、真心込めて送りましょう。
 和顔愛語が、今年をうまく乗り切る一つの鍵となる。ということで、今年の統國寺の標語は…

 コロナの今、
 すいません、この一言が争(あらそい)を解き
 ありがとう、この一言が和(やわらぎ)を与え
 おかげさま、この一言が絆(きずな)を豊かにする、です。

 人間、苦しくてしんどい時に、魔が差して心にもない言葉を、愛する人に浴びせてしまう時があります。今年は、これに気を付けましょう。
 あと、もう一つ。苦しくてしんどい時には、自分の中にある命を見つめてみましょう。きっと力が出てきますよ。よって、今年の年始めの法話は、小学四年生の子が書いた命にまつわる詩で、締めくくりたいと思います。
 
「命」
宮越由貴奈(小学四年生)

命はとても大切だ
人間が生きるための電池みたいだ
でも電池はいつか切れる
命もいつかはなくなる
電池はすぐにとりかえられるけど
命はそう簡単にはとりかえられない
何年も何年も
月日がたってやっと
神様から与えられるものだ
命がないと人間は生きられない

でも
「命なんかいらない。」
と言って
命をむだにする人もいる
まだたくさん命がつかえるのに
そんな人を見ると悲しくなる
命は休むことなくはたらいているのに
だから 私は命がつかれたと言うまで
せいいっぱい生きよう
【引用終わり】

 では、また来年の大みそかにお会いしましょう。合掌

統国寺 〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-31
TEL:06-6771-5600 FAX:06-6771-1236